東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産買取|横浜市の不動産売買|株式会社 アルク

【横浜市】事故物件買取は業者へ!心理的瑕疵の意味や売却時のポイント

【横浜市】事故物件買取は業者へ依頼を!売却時のポイントとは?

何かしらの事故や事件が起きた物件は売却が難しい傾向にあるため、事故物件買取という方法で手放すのがおすすめです。
こちらでは、心理的瑕疵物件について解説したうえで、その種類や特徴、売却時のポイントをご紹介します。横浜市で自殺や殺人が起きた家、孤独死で長期間発見されずに特殊清掃が必要になった部屋などの売却をご希望でしたら、ぜひ株式会社アルクへお問い合わせください。

【横浜市】事故物件買取は業者へ!訳あり物件の売買前に知っておくべきこと

訳あり物件の売却を検討する際に知っておきたい、心理的瑕疵物件や訳あり物件について解説します。訳あり物件と聞くと、自殺や殺人などをイメージする方も多いのですが、シロアリ被害や壁のひび割れなど建物に何かしらの問題が発生している場合も該当します。
業者へ依頼する前に、どのようなことがあると心理的瑕疵物件に該当するのか把握しておきましょう。

【横浜市】事故物件買取前に知っておきたい心理的瑕疵物件

おもちゃの家

事故・事件などによって人が亡くなったことがある物件や、周辺に葬儀場や公害発生リスクのある施設などの嫌悪施設がある物件のことをいいます。人それぞれ感じ方が異なるために明確な規定はありませんが、「事前に知らされていれば契約しなかった物件」というと、わかりやすいでしょう。

自殺や殺人により亡くなった人がいる場合は心理的瑕疵物件となりますが、病死や階段からの転落など不慮の事故の場合はどうなるのか、定義が定められておらず曖昧でした。ある人にとっては気にならないことでも、別の人にとっては心理的に苦痛を感じる物件ということもあります。

しかし、2021年10月に国土交通省がガイドラインを公表したことによって、どのようなことがあれば事故物件になるのかがはっきりしました。定義されたことにより個人的な感覚ではなく、定義に従って事故物件に該当するのか、そうでないのかが決まります。

【横浜市の事故物件買取】訳あり物件の種類

畳

訳あり物件は、人が亡くなったことがある心理的瑕疵物件と、建物に問題がある物理的瑕疵物件の2つのタイプにわかれます。

心理的瑕疵物件

自殺や殺人などで人が亡くなっている場合は心理的瑕疵物件にあたります。
以前は病気や老衰などの自然死であっても、人が亡くなった場合は心理的瑕疵物件とされることがありました。しかし、2021年10月に公表されたガイドラインによると、病気や老衰、不慮の事故は心理的瑕疵物件にあたらないとされています。

ただし、病死や自然死であったとしても、孤独死で発見が遅れたことで特殊清掃が必要になったケースは心理的瑕疵物件に該当します。特に自殺や殺人事件などがあった場合は査定額が下がってしまう傾向にあります。なかでも殺人事件は嫌悪感を抱く方が多いため、市場相場よりも査定額が大幅に下がるでしょう。

物理的瑕疵物件

建物に問題があり居住に支障をきたす場合は物理的瑕疵物件です。シロアリ被害にあっていたり、壁や基礎部分にひび割れがあったりするケースのほか、耐震基準を満たしていない場合なども物理的瑕疵物件に該当します。
建物に問題があれば、居住すると危険が及ぶ可能性があります。物理的瑕疵物件を修繕などの措置をとらずに売却する場合は注意が必要です。

何かしらの事故が起きた物件であることがわかると断る不動産会社もいますが、横浜市の株式会社アルクは事故物件も積極的に買取いたします。豊富な知識と経験を持つスタッフがスピーディーに市場調査を行い、適正価格を提示させていただきますので、「なかなか購入希望者が見つからない」「他の不動産会社に断られてしまった」という場合も、まずはご相談ください。即時現金化では最短3日でお取引が完了します。

【横浜市】事故物件買取で後悔しないための注意点やポイント

事故物件となっている不動産を手放す際は、注意しなければならないことがあります。告知もそのひとつです。事故物件の売却に失敗して後悔しないためにも、注意点や売却のポイントを覚えておきましょう。横浜市内の事故物件買取は株式会社アルクへご相談ください。

【横浜市】事故物件買取を依頼する際の注意点

事故物件買取依頼の注意点

心理的瑕疵のある物件を手放す際に大切なのは「告知をすること」です。万が一、意図的に告知をせずに売却を行い、取引完了後に心理的瑕疵がある物件であることが発覚した場合には、損害賠償請求や契約解除となることがあるので注意が必要です。
こちらでは、事故物件を手放す際に大切な告知義務について、条件や伝え方などの注意点を解説します。

告知が必要な物件とは?

2021年10月に国土交通省から事故物件に関するガイドラインが公表され、告知が必要な物件の定義が明確になりました。

  • 自殺や殺人事件
  • 原因が明らかではない死亡
  • 孤独死で長期間発見されない場合

上記に当てはまる物件を手放す際は告知が必要です。これまで、病死や老衰、転落や転倒などの不慮の事故は告知が必要なのか意見がわかれていたのですが、ガイドラインが公表されたことによって告知は必要ないとされました。
しかし、病死や老衰であっても、孤独死などで長期間発見されずに特殊清掃が必要になった場合は、特殊清掃=瑕疵ありとなるため告知が必要です。

告知義務の期間

告知が必要なのはどれくらいの期間なのでしょうか。賃貸の場合は事案のあった次の賃貸借契約だけでよいなど、様々な情報を耳にしたことがある方は多いでしょう。国土交通省のガイドラインによると、告知が必要な期間は3年間とされています。
しかし、大きく報じられ、インターネットで調べるとすぐにわかるような凄惨な事件については、3年を経過したあとも告知をした方がよいといわれています。

告知の方法

告知方法については、法律で厳格に規定されているわけではないため、伝え方が難しく感じる方もいらっしゃるでしょう。どこまで詳細に伝えるかということが明確に規定されていないからこそ、臨機応変な対応が必要となるのです。

告知の際に大切なのは、いつどのような状況で発生した事件・事故なのかしっかりと説明を行うことです。マンションの場合は、専有部分で起きたとは限りません。エレベーターや廊下などの共用部分で起きた事案についても、必ず告知しましょう。

【横浜市】事故物件買取を依頼する際のポイント

事故物件買取依頼ポイント

事故物件でも売却することは可能ですが、一般的な物件と比べると売れにくい傾向にあります。そのため、手放す際にはそのままの状態で売りに出すのではなく、工夫が必要です。以下のポイントを覚えておきましょう。

弁護士に相談

一口に事故物件といっても、自殺や殺人事件などの明らかなケースもあれば、孤独死や家の中での事故死などのケースもあります。本来は事故物件として告知が必要であるのに、事故物件にあたらないと勘違いして告知を行わなかった場合にはトラブルに発展してしまうケースもあるため注意が必要です。

相場よりも価格を下げる

事故物件の売却は、市場相場よりも価格を下げて売りに出すことが一般的です。心理的瑕疵の度合いによって価格の下げ率が異なります。大きくニュースなどで報道された凄惨な殺人事件はもっとも価格が下がり、市場相場の50%ほどの価格になることもあります。
これまで、病死や老衰などは市場相場の95~90%ほどの価格が一般的でしたが、国土交通省のガイドラインが公表されたことにより、家族が看取った場合など特殊清掃が必要ないケースでは告知が不要になり価格を下げる必要がなくなりました。

クリーニング・リフォーム

事故物件の購入を検討する方は、衛生面などの清潔さを求めることが多いです。そのため、手放す際にはクロスやフローリングの張り替え、部屋の消毒などを行ってから売りに出しましょう。しっかりと洗浄やリフォームを行ったことを伝えると安心感を与えることができます。

取り壊して売却

戸建ての場合には、取り壊して更地の状態で売却する方法もあります。事故や事件のあった建物がなくなると買い手の心理的負担が軽くなることから、購入希望者が見つかりやすいです。
しかし、既存の建物を取り壊しても事故物件であることには変わりません。取り壊すことで告知義務がなくなるわけではない点には注意が必要です。

期間をあけて売却する

事故物件になった直後に売却するのは難しいです。告知では事故が発生した時期についても買い手に伝えなくてはならないため、一定期間あけて売りに出すのも売却を成功させるひとつの方法です。ガイドラインによって告知の期間は3年と定義されたため、今後は3年以上経過してから売却する物件が増えるかもしれません。

不動産会社に買取を依頼

不動産会社に買取を依頼するのもおすすめです。事故物件買取を得意とする不動産会社や専門業者もあるので、不動産会社や業者選びが重要となります。

横浜市を中心に東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏で多数の実績を持つ株式会社アルクは、事故物件はもちろん、空き家や老朽化したアパートなどに特化しています。専門知識を持ったスタッフが正確・スピーディーに査定を行いますので、他の不動産会社では断られてしまった物件についてもお気軽にご相談ください。必要があれば弁護士や司法書士とも連携して、スムーズなお取引をサポートいたします。万が一売却後に残債が残る場合は、金融機関との交渉もお任せいただけます。

横浜市で事故物件買取をお考えなら株式会社アルクへ

事故物件の売却は難しいといわれていますが、工夫することによって意外と簡単に売却できてしまうケースもあります。不動産会社に買い取ってもらう方法もあるため、どちらの方法が適しているのか、弁護士や不動産会社と相談しながら決めるとよいでしょう。

横浜市の株式会社アルクは、適正評価をモットーに事故物件買取を行っております。横浜市を中心に東京や神奈川、千葉、埼玉の首都圏で自殺や殺人、孤独死による特殊清掃など、心理的瑕疵のある物件を手放したいとお考えの場合は、株式会社アルクにご相談ください。

事故物件買取のご相談なら株式会社 アルクへ

会社名 株式会社 アルク
代表取締役 竹内 剛
設立 2020年9月
住所 〒221-0075 神奈川県横浜市神奈川区白幡上町36-25
TEL 045-642-4446
FAX 045-434-0082
許認可 神奈川県知事免許(1)第31063号
URL https://www.alc-yokohama.com/

Contact

〒221-0075
神奈川県横浜市神奈川区白幡上町36-25

メールでのお問い合わせ

クッキー(cookie)の広告配信利用について