東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産買取|横浜市の不動産売買|株式会社 アルク

【横浜市】任意売却を急ぎで相談!その特徴やメリット・注意点

【横浜市】任意売却とは?メリットや流れ・注意点

住宅購入の際は、住宅ローンを利用する方が多いでしょう。借りた住宅ローンは、毎月少しずつしっかりと返済していかなければいけません。しかし、何らかの事情で返済が苦しい状況になってしまうこともあります。
返済が難しくなった際に検討したい方法のひとつが、所有している不動産を売却してローン返済を行う「任意売却」です。こちらでは、任意売却の特徴やメリットについて詳しく解説します。横浜市で急ぎの売却をご希望の方は、ぜひ参考にしてください。

【横浜市】任意売却の特徴やメリット

自宅もしくは相続した家の住宅ローンの返済が難しくなってしまった場合、債権者の同意を得て物件を売却する「任意売却」を検討してみましょう。任意売却について専門会社へ相談する前に、どのような売却方法でどういったメリットがあるのか知っておくと安心です。

【横浜市】任意売却とは?

任意売却について

住宅ローンを6ヵ月以上滞納すると、債権回収会社や保証会社に権利が移り、ローンで返済することが認められなくなります。
住宅ローンなどの借入金が原因となって返済が不可能になってしまった際、検討すべき方法のひとつが任意売却です。この売却方法の前提として、売却後も住宅ローンが残ることについて、金融機関との合意がなければなりません。

ローンの返済が遅れると、債権者が持っている返済額を分割して返していく権利が失われてしまいます。その結果、融資を行っていた金融機関は、残額の一括返済を要求します。この一括返済に応えられない場合、担保となっていたものを強制的に売却してそこから回収すべきお金を捻出します。
これが、不動産の持ち主の意思とは関係なく進められてしまう「競売」です。しかし、競売は相場よりも安く売却されるなどデメリットが大きいため、多くの方々は任意売却を選択します。

自宅や相続した家が競売にかけられる前に通常の不動産売却として手放すことによって、売却額が下がるのを防ぎます。
ある程度、所有者が希望する条件で売却できるだけでなく、一般的な不動産売却と同じような流れで売却手続きが進むため、周囲に競売や任意売却で手放すことを知られてしまうことがありません。

【横浜市】任意売却のメリット

任意売却のメリット

任意売却のメリットについて、1つずつ見ていきましょう。主に以下のようなメリットが挙げられます。

市場相場で売却できる

通常の売却と同じ方法で行われるので、市場相場で売却できます。不動産をできるだけ高く売却するためには、よりよい条件で購入してくれる人と巡り会えるように、物件を知ってもらう機会や探すための時間が欠かせません。このことから、競売とは異なり高額での売却が望めるのです。

周囲に知られない

ローンの返済が苦しい状態で住まいを手放さなければならないことを周囲に知られずに売却できます。競売の場合は裁判所のホームページやインターネット、新聞などに広告が掲載されるので、友人や同僚などに知られる可能性があります。しかし、任意売却の場合は、物件の売却理由まで広告に記載されないので安心です。

売却費用の持ち出しがない

一般的な不動産売却では、仲介手数料や税金の支払いなどで一部持ち出し費用が発生します。もちろん、売却理由にかかわらず支払わなければならない費用は通常の売却と同じように必要なのですが、任意売却では売却後に一度入ってくるお金から費用を支払うことができます。

残債は分割での返済が可能

売却で得たお金は、ローン返済に充てます。それでも残債がある場合、当然返済していかなければならないのですが、残債に関しては分割返済が可能です。債権者にあたる金融機関と相談しながら、無理のない金額で返済していくことができます。

リースバックで住み続けることができる

売却後もリースバックという方法で、そのまま住み続けられる場合もあります。リースバックとは正式には「セール・アンド・リースバック」といい、投資家などに物件を売却し、売却した後は賃料を支払うことで賃貸として住み続けることができる方法です。
リースバックを選択することで、固定資産税の支払い義務もなくなります。住宅ローンの返済が苦しいうえに固定資産税を支払わなければならないといった方におすすめです。また、リースバックで家賃を払いながら住み続けたあと、買い戻しが可能な場合もあります。

希望の条件で売却できる

通常の売却と同様、売却の条件を自分で決められます。売却価格はもちろん、引き渡しの時期についても買い主と相談して調整することが可能です。競売の場合、これらの条件は一方的に決まってしまうため、引っ越し先が決まっていなくても期日がくれば明け渡さなければなりません。

【横浜市】任意売却完了までの期間や流れ・注意点

任意売却はどのような流れで進めていくのでしょうか?住宅ローンの返済が苦しいと、できるだけ急ぎで任意売却したいと考える方は多いです。こちらでは、住宅ローン滞納から売却完了までの流れ、注意したいポイントについてご紹介します。

【横浜市】任意売却の期間・流れ

任意売却の期間

任意売却を行う際は、専門家との相談から不動産を引き渡して引っ越しが完了するまでに、早くて2ヵ月、通常は3~5ヵ月ほどかかります。

不動産の持ち主だけの意思だけでは進められず、住宅ローンを組んでいる金融機関と相談して同意を得なければならないのです。仮に競売が始まる通知をもらったとしても、任意売却を行うことは可能です。ただし、開札日の前日までがタイムリミットです。

1.価格査定・ローン残高の確認

先に価格査定を行い、住宅ローンをどれだけ返済できるのかを確認します。住宅の価値がローンの残高よりも高い状態をアンダーローン、逆に低い状態をオーバーローンといいます。

アンダーローンであれば、一般的な流れで不動産の売却が行えます。オーバーローンであれば、引き続き任意売却の成功に向けて動きましょう。

2.金融機関からの同意を得る

債権者である金融機関に対して、「不動産を売却することで可能なかぎりローンを返済する」という約束を交わして、任意売却を認めてもらうように交渉します。連帯保証人がいる場合、併せてそちらからの了承も得る必要があります。競売手続きが始まる前にできるだけ早く動きましょう。

3.不動産を売却する

金融機関や連帯保証人から同意や了承が得られたら、不動産の売却手続きへと進みます。この場合、競売ではないので、一般的な不動産売却と同じような流れで売却を進められます。

4.売買契約を締結する

買い主が見つかったら売買契約を締結し、一般的な不動産売却と同じように決済日を設けて手付金を受け取ります。競売では「競売物件」として住所などが不特定多数の方に公開されてしまいますが、任意売却なら一般的な不動産売却と同じように売却が進むため安心です。

5.引き渡してお金を受け取る

不動産の売買金額は、債務の返済に優先的に充てられるのが一般的です。しかし、交渉によって引っ越し代金などのために残してもらえる場合もあります。任意売却はオーバーローンで始まっていますので、不動産を手放したあともローンの返済は続きます。無理のないペースで返済していきましょう。

【横浜市】任意売却の注意点

任意売却の注意点

任意売却は、不動産の売却の部分だけを切り取ってみると、一般的に物件を手放す際の流れと同じです。しかし、まずは金融機関からの同意を得ることが前提条件となっています。
スケジュールの管理や金融機関への交渉をすべて個人で進めるのは難しいため、信頼できるパートナーとなる専門会社の力を借りましょう。過去の実績などをチェックして依頼する専門会社を見極めることで、市場相場に見合った査定価格を提示してくれるだけでなく、安心して売却手続きを進めることができます。売却手続きを進めるうえで注意したいポイントは以下のとおりです。

残債は返済する必要がある

物件を売却したお金でローンを完済できるわけではなく、基本的に残債があります。残債は返済が免除されるわけではないため、任意売却後に分割で返済することになります。返済が苦しい場合は、どれくらいならしっかりと返していけるのかをあらかじめ相談しておくことが大切です。

任意売却可能な期限は債権者が決める

任意売却にかける期間は債権者が決定します。定められた期限までに売却できないと、競売に移行してしまうのです。価格などの売却条件を自分で決めることができますが、期限内に売却するためにも多少の値下げを検討する必要があるかもしれません。

任意売却が認められないケースもある?

任意売却は金融機関(債権者)の同意が必要です。すべてのケースで金融機関の同意が得られるわけではないため注意しましょう。万が一同意が得られなければ、住宅ローンの残債を一括返済するか、競売にかけるかのどちらかになります。残債の返済に不服申し立てをすれば、同意が得られなくなるため注意が必要です。

横浜市で任意売却について急ぎで相談するなら株式会社アルクへ

任意売却は、自分が購入した物件だけに起こるとは限りません。相続した物件に住宅ローンが残っており、その返済が難しい場合にも任意売却を行うことがあります。
なお、相続の場合は納税などの期限があるため要注意です。急ぎであることを認識し、早めに関連業者へ相談しましょう。任意売却は市場の相場価格で売却できることがメリットのひとつです。正しい相場価格を把握したうえで、信頼できる不動産会社へご相談ください。

横浜市の株式会社アルクでは、相続物件の売却や任意売却に関する相談を承っております。相続した物件の住宅ローンが残っており、納税期限も迫っているなど、返済が苦しいため急ぎでの任意売却をお考えの方は、ぜひご相談ください。横浜市内で豊富な実績があるため、お客様のご要望や状況をお伺いしたうえで、最適なご提案をさせていただきます。

横浜市で任意売却のご相談なら株式会社 アルクへ

会社名 株式会社 アルク
代表取締役 竹内 剛
設立 2020年9月
住所 〒221-0075 神奈川県横浜市神奈川区白幡上町36-25
TEL 045-642-4446
FAX 045-434-0082
許認可 神奈川県知事免許(1)第31063号
URL https://www.alc-yokohama.com/

Contact

〒221-0075
神奈川県横浜市神奈川区白幡上町36-25

メールでのお問い合わせ

クッキー(cookie)の広告配信利用について