東京・神奈川・埼玉・千葉の不動産買取|横浜市の不動産売買|株式会社 アルク

【横浜市】不動産買取と仲介の違いは?買取に向いている条件とメリット

【横浜市】不動産買取の種類やメリットとは?

土地や戸建て、マンションなどの不動産の売却を考えた場合、一般的には不動産会社に仲介を依頼して買い手を探します。しかし、物件の状態や立地によってはなかなか買い手が見つからず、取り壊して更地にしたり、リフォームが必要になったりする場合もあるでしょう。
こちらでは、買取と仲介の違い、不動産買取の種類・向いている物件・メリットについて解説します。横浜市でスピーディーな売却をご希望でしたら、適正価格で買取を行う株式会社アルクへお任せください。

【横浜市】不動産買取の前に知っておきたい!仲介との違いや種類

所有している不動産を売却する際、一般的には不動産会社に仲介を依頼して買い手を探してもらいます。しかし、不動産の売却には仲介のほかに「不動産買取」という方法が存在するのです。こちらでは、仲介と異なる点や買取の種類について解説します。

【横浜市】不動産買取と仲介の違い

不動産買取と仲介の違い

不動産売却と聞くと、多くの方が仲介をイメージするでしょう。仲介では不動産会社が売り主から依頼を受けて買い手を探し、不動産会社が仲介を行うことで売買契約を締結します。しかし、不動産の売却方法は仲介だけではありません。不動産会社が直接物件を買い取る、「不動産買取」という方法があります。

買い手

不動産会社や専門業者が直接買い取る方法です。仲介の場合の買い主は個人であることが多いですが、不動産買取では不動産会社や買取業者が買い主となります。

売却期間

仲介の場合は、買い手が見つからなければ売却ができません。すぐに買い手が見つかることもあれば、なかなか見つからないケースもあります。しかし、不動産買取の場合は、査定額に納得できればすぐに売却が成立します。

売却価格

仲介の場合には、ほぼ市場の相場価格で売却できるでしょう。しかし、不動産買取は市場相場価格の70%ほどになるのが一般的です。ただし、中古物件でもリフォームや修繕の必要がなく、そのままの状態で売却できます。不動産会社は買い取った物件をリフォーム・リノベーションしたうえで売りに出します。

売却費用

仲介で売却する際は様々な費用が必要です。なかでも、仲介手数料は大きな出費になります。しかし、不動産会社が直接買取を行う場合は仲介手数料が不要となります。

【横浜市】不動産買取の種類

つみき

不動産買取には2つの種類があります。こちらでは、それぞれの方法について解説します。

買取保証

買取保証とは、仲介で一定期間は売りに出し、期間内に買い手が見つからなかった場合に不動産買取となる方法です。価格は事前に提示されるので、価格に納得できれば買取保証での売買契約が成立します。

買取保証は仲介で売却できれば市場価格で売却でき、仲介で売却できなかった場合には確実に不動産会社に買い取ってもらえるので、仲介と買取の双方のメリットを持つ方法といえるでしょう。
「できれば高く売りたいけれど、時間をかけることはできない」という方には、買取保証がおすすめです。

即時買取

即時買取とは、文字通りすぐに買い取ってもらう売却方法です。不動産会社に買取の査定を依頼し、提示された価格に納得できればすぐに売買契約が成立します。市場価格の70%ほどの価格での売却となりますが、確実に売却できるのが魅力です。急いで売却したい場合や、すぐに現金化したい場合におすすめの売却方法といえるでしょう。

【横浜市】不動産買取に向いている物件と依頼するメリットとは?

不動産買取が向いている物件は、そのほとんどが仲介での売却が難しいと思われるものなのです。また、相続で揉めそうな場合にも不動産買取で解決できるケースがあります。買取と仲介のどちらで売却すべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

【横浜市】不動産買取に向いている物件・条件

不動産買取

不動産買取に向いている物件は、以下のような物件です。

築年数が古いボロ物件

空き家などの築年数が古いボロ物件は、仲介で売りに出しても買い手が見つかりにくいです。特に空き家期間が長い物件は劣化の進行が早く、ボロ物件になりやすい傾向にあります。
仲介で売却するためには修繕やリフォームが必要となりますが、お金をかけても買い手が見つかるとは限りません。しかし、不動産買取だとボロ物件でも修繕やリフォームは不要で、そのまま売却できます。

訳ありの瑕疵物件

過去に事件や事故が起きた訳ありの瑕疵物件には、心理的瑕疵があるために買い手が見つかりにくいです。特にニュースで報道されるような事件が起きた訳ありの瑕疵物件は、取り壊したとしても売却が難しい傾向にあります。
「訳ありの瑕疵物件は売却が難しいから…」と、売ることを諦めて所有し続ける方もいらっしゃいますが、不動産は所有しているだけで固定資産税などの維持費用がかかります。

離婚時の売却

離婚の際は財産分与が必要なため、不動産売却を長引かせることなくすぐに解決したいと考えるでしょう。また、売却することを周囲に知られたくないと考える方もいらっしゃいます。不動産買取であればすぐに現金化でき、内覧や広告を出さないので周囲に知られることもありません。

相続した物件

相続によって不動産を所有することになった場合には、期限までに相続税を納めなければなりません。ある程度の資金があれば問題ありませんが、資金がない場合には相続した物件を売却して現金化するのがおすすめです。仲介は売却期間が長くなる傾向にあるため、急いで現金化したい場合は買取が向いています。

また、複数の相続人がいる場合は、相続配分によって揉めることもあるでしょう。不動産のままでは平等に配分することができないため、売却により現金化することで平等に遺産をわけることができます。
その際、少しでも高く売却したいなら仲介がよいのですが、相続人同士で意見が割れている場合や急ぎの場合には不動産買取がおすすめです。

仲介の場合、買い手が見つかってから価格交渉が始まります。最終的にいくらで売却できるかは、不動産会社の手腕や物件の状態にもよる部分があり、相続人同士で「自分が不動産会社と契約していればもっと高くで売れたはずだ」などと揉めるケースも少なくありません。しかし、不動産買取なら査定で提示された金額に相続人全員が納得できれば売買が成立します。

再建築不可物件

買い手が見つかりにくい再建築不可物件は、不動産買取に向いています。再建築不可物件は、建築基準法で定められている「幅員4m以上の道路に2m以上の土地が接していなければならない」という条件をクリアしていません。そのため、現在建っている家を取り壊して新しく家を建てることができないのです。基本的に増改築や大がかりなリフォームもできません。

また、再建築不可物件は建築基準法の制定によってできたので、建築基準法が制定される以前に建てられた物件ということになります。建築基準法が施行されたのは昭和25年なので、現在は空き家やボロ物件になっている再建築不可物件も少なくありません。
売却が難しい空き家やボロ物件などの再建築不可物件も、建物を取り壊すことなくそのままの状態で売却できます。

借金返済のために現金が必要

借金の返済を迫られるなど、早急に現金が必要な場合にも不動産買取が向いています。すぐに売却できて現金化できるだけでなく、近所の方に家を売却することを知られずに売買を進めることができます。

【横浜市】不動産買取を依頼するメリット

不動産買取を依頼するメリット

不動産買取には様々なメリットがあります。こちらでは、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

仲介手数料が不要

不動産買取では販売活動を行いません。不動産会社が直接買い取るため、仲介手数料は不要です。仲介手数料は高額になりがちなので、仲介手数料がかからないことは大きなメリットといえるでしょう。

すぐに現金化できる

買い手を探す必要がある場合には、いつ売却できるかわかりません。売却できなければ現金化できないため、資金繰りが難しくなるという方もいらっしゃるでしょう。しかし、不動産買取は査定価格に納得できればすぐに売却が可能です。

リフォームや取り壊しをせずに売却できる

築年数がかなり経過しているボロ物件を売却しようとしてもなかなか買い手が見つかりません。ボロ物件の場合は、リフォームや修繕を行ったり、取り壊して更地にしたりして売りに出すことが一般的です。しかし、不動産買取では手を加えずにそのままの状態で売却できます。

売却を周囲に知られにくい

買い手を探す販売活動を行わないため、インターネットや折込チラシなどで広告を行う必要がありません。売却情報が出ないため、周囲の人に知られにくいというメリットがあります。

内覧対応が不要

仲介で売却する場合には、購入希望者が見つかると物件を見学する内覧が行われます。住みながら売却する場合には、生活している空間を見せなければなりません。少しでも物件の印象をよくするために、細かいところまで片付けや掃除が必要です。しかし、不動産買取は不動産会社が直接買い取るので、内覧対応は必要ありません。

契約不適合責任が免責される

中古物件を売却する場合、売り主には契約不適合責任があります。契約不適合責任とは、契約時に申告していない不具合が引き渡し後に見つかった場合に売り主が負う責任をいいます。万が一申告していない不具合が見つかった場合には売り主の過失となり、修繕費や損害賠償を請求されることがあります。

しかし、買取を行う不動産会社は不動産取引のプロです。そのため契約不適合責任が免責されるのです。空き家やボロ物件などは見えない部分に不具合が隠れていることがあるため、契約不適合責任が免責されれば安心です。

株式会社アルクは横浜市を中心に不動産買取を行っています。底地・空き家・老朽化したアパートなどの買取に特化しており、直接買取のため仲介手数料は不要です。事故物件なども積極的に買取を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

横浜市の不動産買取は株式会社アルクへ!ボロ物件・訳あり物件も売却可能

不動産買取はあまり一般的な売却方法ではありませんが、仲介手数料が不要、現金化までがスピーディーなど、様々なメリットがあります。訳あり物件や瑕疵物件は売れにくい傾向にありますが、買取を選択することで売却が可能です。「どうせ売れないだろう」と諦める前に、まずは実績が豊富な不動産会社へご相談ください。

横浜市の株式会社アルクは、不動産買取を行っております。横浜市で空き家状態が続いているボロ物件や訳ありの瑕疵物件などの売却にお困りの方は、ぜひ株式会社アルクにご相談ください。事故物件や任意売却、底地の買取も積極的に対応いたします。

横浜市で不動産買取のことなら株式会社 アルクへ

会社名 株式会社 アルク
代表取締役 竹内 剛
設立 2020年9月
住所 〒221-0075 神奈川県横浜市神奈川区白幡上町36-25
TEL 045-642-4446
FAX 045-434-0082
許認可 神奈川県知事免許(1)第31063号
URL https://www.alc-yokohama.com/

Contact

〒221-0075
神奈川県横浜市神奈川区白幡上町36-25

メールでのお問い合わせ

クッキー(cookie)の広告配信利用について